ヒマ人デス!

ヒマ人な人間の日常や 想像などをリアルに書いて行きたいです☆後pixiv絵師です☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

pixivでうちの子描いてもいいのよ企画参加して、まさかのSS化!

チョリス☆
ひろろろん2

今pixivの企画でうちの子描いてもいいのよに参加中です☆

そんで今日みたらふゆふゆさんが絵を描いて下さっていてマジ嬉しかったです☆

そしてさらにコメをみると・・・
ひろりょん

んっ?

絵は描けないがこの子でSS書いてもいいか?
hi6.png

うそ~~~~~~^^ん

これは嬉しい誤算でした☆

まさかhiroのひろろが不憫ではなくSS書いてくれる人をつかむとは(><)

いや~楽しみですね~~~~☆

じゃあまあ今日はこの辺でばいに~~~~~ん☆


ひろひ
スポンサーサイト

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/30(月) 03:17:38|
  2. オリキャラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひろろ&マナ&トロイSS!皆本当は寂しかったの巻www

総集編

そして続きwww

ここからhiroです☆


マナ物語 後編

ひろろ「、、、、」

マナ「うっとり!」

ひろろ「んっ、、、!はっ、、、ここは!」

そう言うとひろろは起き上がろうとするが、起き上がれない!

ひろろ「鎖?拘束?ベット?ここは?」

マナ「オハヨ~~~!」

ひろろ「ま、マナ、、、、ここは?」

ギシギシ

マナ「あ~~そんなに暴れたら、、、、食い込むわよwww」

ひろろ「はっふ、、、ん、、、」

マナ「だから言ったのにwwwひろろのお馬鹿さんwww」

ひろろ「ぐぬぬぬ、助けて~~!へるぷみ~~~!おか~~ん!」

マナ「おかん?これの事?」

そう言うとマナは携帯をいじり、ひろろにおかんの姿を映した写メを見せる!

ひろろ「お、おかん、、、後、、、おとん、、、」

マナ「だって~~~!邪魔だったんですもの、私のひろろにあんな奴はいらない、私だけを見て、私だけに話して、私だけに心を許して、ねぇひろろ~~ニタ~~!」

ひろろ「ひっ!」

この時ひろろはマナがもう普通でない事を察したのか?それともマナの常軌を逸した顔に怯えたのか分からないが、{ひっ}と叫んでしまった、この事はマナの心を深く傷つけた、、、

マナ「なに!ナニナニナニナニ~~~~~~!ひって何!私はこんなにひろろを、、、、うわぁぁlっぁっぁぁぁぁあぁっぁぁあああl~~~~~!」

マナは錯乱して辺りの物に当り散らして、部屋をぐちゃぐちゃにした!

ガシャ~~ン

マナ「うわ~~~!ナンデナノ?」

グシャ~~ン

マナ「タダワタシハ!」

ひろろ「ひっ、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!」

マナ「はああはあはあはあ、、、ふ~~~~!あっ、ごめんねひろろ~~私取り乱して(ニコ)でもさっきはひろろが悪いんだぞ~~~もう~~wwwでも今度ねあんな風にひろろに怖がられたら~~私~~勢いで何をするか~~分からなくなっちゃうかも~~!例えば××しちゃったりwwwだからあんまし私は傷つけないでね~~!」

ひろろ「は、はい、、、、」

ひろろは泣きじゃくりながら必死にマナの言葉に頷いた、、、

マナ「もう~~ひろろ~~涙で可愛い顔が台無し、今拭いてあげるねwww」

ゴシゴシ

ひろろ「、、、、えぐっ、、、」

マナ「は~~涙が止まらないから~~ず~~っと拭かないといけないね、でもそろそろ泣きやんでくれる?マナね~~傷ついちゃうかもしれないから~~ニタァ~~!」

ひろろは必死で涙を堪えようとするけど涙は自分の意志とは関係なく溢れてくる、その溢れる涙を感じながらひろろは、あぁ私は今日この場で××されるんだな~~っと直感で悟り、どうせ死ぬなら好きなおかんの名前を呼んで死のうそう決め、最後の力を振り絞り自分が自分である証を立てるために、叫んだ!力のいっぱい叫んだ、天国のおかんに届くように!

ひろろ「おか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!」

マナ「ギャ~~~!ひろろ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!他の奴の名前を呼ぶな~~~~~~~~~~~!」

マナはおかんを呼ぶひろろに対して怒りと嫉妬で我を忘れてナタをひろろに向けて振りかざす!

ひろろ「おか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!」

ガシャ~~~~~ン!

パリ~~~~~~~~~~~ン!

スチャ

おかん「呼んだかいベイビ~~!」

ドテ

おとん「呼んだかい、、、やべっ、タイミング逃したwww」


ひろろ「おか~~~~ん!」

マナ「ギロ、、、生きていたのか、、、ならひろろの前でまた××してやろう今度は確実にな!」

おかん「おとん、、、ここが頑張りどころや!気つけやぁ~~!」

おとん「おん!」

マナ「さあ死になさい」

グワシャ~~ン

続く

ここから全部トロイメライ魅ぃさんです!



「うわぁぁぁぁん!お~か~ん~~」
 「どうして…どうして、こんな事に!」
 「皆…何故、おとんは無視なんだろう…」
 2つの棺の前で泣き崩れる…FENDY、サウ゛ァン、軍曹の3人。 ここはひろろの家。警察から戻って来た棺を前に…今、通夜が執り行われている最中である。祭壇には、〝おとん〟と〝おかん〟の遺影が飾られている。 でも…おかんの写真が〝ポスターサイズ〟に対し、おとんの写真が〝証明写真サイズ〟なのは何故だろうか?横の花輪には〝新装開店〟って書いてあるし…〝饅頭〟の代わりに〝ヤ〇ルト〟が配られていたり…本当に『通夜』なのか?と疑問の嵐の中、3人は棺を取り込んで泣いていた。 「ヒック…おかん…ようやく挿絵が出たばかりなのに…」
 「泣くなよFENDY…挿絵が出ただけ、おかんは満足だったのさ」
 「あのぉ~、サヴァンさん?それじゃあ…おとんは?」
 「言うな!軍曹、おとんは…影の支え役だったのさ」
 3人が2人の思い出(?)を語り合っている時…
 ガタガタガタ…
 急に、おかんの棺が揺れ始めた!
 「「「…え゙!?」」」
 ビックリして動きが止まる3人の前で…
 バンッッ!!!
 棺の蓋が宙高く飛び、中から頭が潰されたおかんがムックリと起き上がった!!!
 「「「ヒィィィィィッ!!!」」」
 3人は震え上がって
 〝よもや、B級ホラーに突入!?〟
 と思った…次の瞬間、
 パカン!!
 ブシュゥゥゥゥゥ!!!
 何かが割れる音と同時に、おかんから白い煙が噴出した。
 「ケホッ!ケホッ!…何なのよ!一体!!」
 「「ゲホッ!ゲホッ!!」」
 「まったくも~!コッキングボルトは作動しないし…補助電源は携帯並だし…改良の余地ありだわ」
 煙の中から出て来たのは…〝ぴ~~〟された筈のおかん!!!
 「おおおおおかん!何で!どうして!?」
 「あら?FENDYちゃん、何取り乱しているのかしら?」
 取り乱すFENDYに訳が分からない様子のおかん
 「あの人は不死身か?まさか…死徒と契約を結んでいたとか?」 「まあ…あのヒトが簡単にくたばる訳無いとは思ったけど…」
 「おい!おめぇら!!何時、あの部屋を抜け出やがった!!!あぁぁん!?」
 「「ヒィィィッ!」」
 再び押し入れに〝監禁〟されるサヴァンと軍曹…(-人-)合掌(汗)
 「あ、あの…おかん?一体これは…」
 皆の聴きたい事を代表して聞くFENDY。
 「ああ…これ?パワードスーツを着る為の〝アンダースーツ〟よ☆
 まさか、ガンダム並の強度のこれを…マナに破壊されるとは思わなかったけど♪」
 つまり…おかんは〝ハニワ顔のパワードスーツ〟を着る為に、筋力補強の為に〝おかん型のアンダースーツ〟を着ていたのだ!マナに襲われた時は、慌てていて脱ぐのを忘れていたのだ!!
 「アンタは〝勇者シリーズ〟の勇者か!?ロボットを操るのに、もう1段階踏まにゃあならんなんてぇぇぇ…おとんはどうするんです?お・と・んは!?」
 「ああ、おとん?それなら…」
 チャッチャラチャラララ~(ドラ〇もんの秘密道具のBGM)
 おかんが取り出したのは…程よく沸いたヤカン。それをジャバジャバとおとんに掛けまくる。そして、待つ事5分後…
 「ふぁぁぁ…よく寝たなぁ」
 「アンタは1.5倍カップか!?」
 FENDYの〝魂からのツッコミ〟を背に、何事も無い様に起き上がるおとん!もう、こうなると〝非常識〟を超えて〝ギャク〟である…(え!?始めからだって?
 「さあ!おとん、ひろろ救出に出発するわよ!!」
 「でも…おかん、相手は〝あの〟マナさんだぞ!どうするんだ?」
 あの時の事を思い出しているのか…ガクブルっている〝おとん〟に、
 「大丈夫!私達には『秘密兵器』があるわ!?カモン!〝ひろⅡ〟!!」
 「分かったよ♪おかん」
 「…え゙!?」
 部屋の奥から出て来た〝人物〟に、FENDYは目を見張った…




と、言う事で…予告通りの〝続き〟です。

 〝まだまだ終わらせんよ!マナさん物語(外伝)〟
 トロイ編つづき

 ココはマナ宅…或る1室から、啜り泣く様な音が聞こえて来る。

 「ヒックヒック…マナちゃん……」
 「泣きやんで雛水ちゃん…泣き止まないと…わた…し…ヒックヒック…」
 「零空さん…も…泣いてる…よ…グズッ」
 マナの部屋で、抱き合って泣いている少女2人。
 友人の思わぬ〝強行〟(〝凶行〟とは書かねぇ。だって、理由が…ねぇ)に心を痛めている様子だ。
 そんな重い空気を蹴破る様に…
 バタン!!!
 部屋のドアがいきなり開き、部屋に〝誰か〟がズカズカと入って来た。
 「やっぱり、マナはいないニャ~♪半径1kmにもいないみたいだし…索敵範囲を広げてみるかニャ~」
 「「ひ、ひろろ!?」」
 そう、部屋に入って来たのは…マナに連れ去られた筈の〝ひろろ〟そのヒトだった!
 「何で、アンタがここに!?そうだ、マナは?マナは何処にいるの!?」
 「答えて!答えなさい、ひろろ!!」
 泣くのを忘れて〝ひろろ〟に詰め寄り両肩を掴んでガクガク揺さぶる2人。そんな2人をひろろはキョトンとした目で見ていたが…
 「ああ、雛水さんに零空さんですね。〝始めまして♪〟」
 「「始めまして?」」
 ひろろの言葉に違和感を感じる2人。ひろろと2人は顔見知りである。だから〝始めまして〟なんて言う筈は無いのだが…
 「ああ、〝その娘〟にとっては『始めまして』だろうねぇ」
 「「…え゙!?」」
 ドアの方からの声に思わず振り向く2人。そこには…両腕を組んで、柱に凭れ掛かっているおかんが!!
 「お、おかん!?貴女、マナに〝ぴ~~〟された筈じゃ…」
 「ゾ〇ビよ!リ〇ングデ〇ドよ!!雛水ちゃん、頭を狙うのよ。〝奴等〟は頭を〝ぴ~~〟しないと倒せないわ!」
 「うん!分かった、零空さん!!この〝マナちゃん愛用のバット〟で…」
 すぱあぁぁぁぁん!!!(×2)
 パニクっている2人に、おかんがスリッパを一閃!因みに、スリッパには〝来客用〟と書いてある。
 「まったく、騒がしい娘達だねぇ…いいかい?マナが壊したのは、私の外壁!本体は無事だったって訳さ」
 「あのぉ…キャラ変わってません?おかん…」
 どこぞの〝鬼姫〟みたいな口調で話すおかんにツッコミを入れる雛水ちゃん。でも、そんな事はどこ吹く風…おかんは〝ひろろ〟を親指で指差しながら更に続ける。
 「この娘はひろろの〝強化型ボディ〟。もし、ひろろに〝何か〟あった時の『サブ』だね。今回は急だったから、〝疑似人格〟をインストールして起動したけど…まあ、言うなれば『ひろろmarkⅡ』!〝ひろⅡ〟って呼んで貰って良いよ」
 「〝黄金のMH〟が出てきそうな設定ですね。でも〝強化型〟って事は、〝不憫さ〟も強化…」
 「「不憫って言うなぁぁぁ!」」
 零空さんのツッコミにシンクロして叫ぶ〝おかん〟と〝ひろⅡ〟。強化型とは言え、行動パターンはひろろと同じ様である。
 その時…
 「!!!索敵レーダーに反応!ひろろの生体反応を確認!!位置特定…谷河内、採石場跡!!!」
 ひろⅡがひろろを見つけ出した様だ。アホ毛が、某〝ゲゲゲ〟みたいに立っている。
 「谷河内…雛見沢近くの廃墟だね。フフフ…マナ、お礼はさせて貰うよ」
 雛水ちゃんと零空さんの目には、おかんの背後に〝鬼〟がハッキリ見えた…思わずガクブルってしまう。
 「そうと分かれば…じゃあね、雛水ちゃん、零空さん。行くよ!ひろⅡ!!」
 「はいです!おかん!!」
 スタスタと部屋を後にする2人。後に残されたのは、意味が分からないのに、恐怖だけが強すぎて…抱き合ってガクブルっている雛水ちゃんと零空さんだけだった。


続きからhiroです☆
  [ひろろ&マナ&トロイSS!皆本当は寂しかったの巻www]の続きを読む

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/10/14(火) 09:47:44|
  2. オリキャラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夢を見ました、、、アナタが、、、消える夢を、、、

マナ物語 後編

ひろろ「、、、、」

マナ「うっとり!」

ひろろ「んっ、、、!はっ、、、ここは!」

そう言うとひろろは起き上がろうとするが、起き上がれない!

ひろろ「鎖?拘束?ベット?ここは?」

マナ「オハヨ~~~!」

ひろろ「ま、マナ、、、、ここは?」

ギシギシ

マナ「あ~~そんなに暴れたら、、、、食い込むわよwww」

ひろろ「はっふ、、、ん、、、」

マナ「だから言ったのにwwwひろろのお馬鹿さんwww」

ひろろ「ぐぬぬぬ、助けて~~!へるぷみ~~~!おか~~ん!」

マナ「おかん?これの事?」

そう言うとマナは携帯をいじり、ひろろにおかんの姿を映した写メを見せる!

ひろろ「お、おかん、、、後、、、おとん、、、」

マナ「だって~~~!邪魔だったんですもの、私のひろろにあんな奴はいらない、私だけを見て、私だけに話して、私だけに心を許して、ねぇひろろ~~ニタ~~!」

ひろろ「ひっ!」

この時ひろろはマナがもう普通でない事を察したのか?それともマナの常軌を逸した顔に怯えたのか分からないが、{ひっ}と叫んでしまった、この事はマナの心を深く傷つけた、、、

マナ「なに!ナニナニナニナニ~~~~~~!ひって何!私はこんなにひろろを、、、、うわぁぁlっぁっぁぁぁぁあぁっぁぁあああl~~~~~!」

マナは錯乱して辺りの物に当り散らして、部屋をぐちゃぐちゃにした!

ガシャ~~ン

マナ「うわ~~~!ナンデナノ?」

グシャ~~ン

マナ「タダワタシハ!」

ひろろ「ひっ、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!」

マナ「はああはあはあはあ、、、ふ~~~~!あっ、ごめんねひろろ~~私取り乱して(ニコ)でもさっきはひろろが悪いんだぞ~~~もう~~wwwでも今度ねあんな風にひろろに怖がられたら~~私~~勢いで何をするか~~分からなくなっちゃうかも~~!例えば××しちゃったりwwwだからあんまし私は傷つけないでね~~!」

ひろろ「は、はい、、、、」

ひろろは泣きじゃくりながら必死にマナの言葉に頷いた、、、

マナ「もう~~ひろろ~~涙で可愛い顔が台無し、今拭いてあげるねwww」

ゴシゴシ

ひろろ「、、、、えぐっ、、、」

マナ「は~~涙が止まらないから~~ず~~っと拭かないといけないね、でもそろそろ泣きやんでくれる?マナね~~傷ついちゃうかもしれないから~~ニタァ~~!」

ひろろは必死で涙を堪えようとするけど涙は自分の意志とは関係なく溢れてくる、その溢れる涙を感じながらひろろは、あぁ私は今日この場で××されるんだな~~っと直感で悟り、どうせ死ぬなら好きなおかんの名前を呼んで死のうそう決め、最後の力を振り絞り自分が自分である証を立てるために、叫んだ!力のいっぱい叫んだ、天国のおかんに届くように!

ひろろ「おか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!」

マナ「ギャ~~~!ひろろ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!他の奴の名前を呼ぶな~~~~~~~~~~~!」

マナはおかんを呼ぶひろろに対して怒りと嫉妬で我を忘れてナタをひろろに向けて振りかざす!

ひろろ「おか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!」

ガシャ~~~~~ン!

パリ~~~~~~~~~~~ン!

スチャ

おかん「呼んだかいベイビ~~!」

ドテ

おとん「呼んだかい、、、やべっ、タイミング逃したwww」


ひろろ「おか~~~~ん!」

マナ「ギロ、、、生きていたのか、、、ならひろろの前でまた××してやろう今度は確実にな!」

おかん「おとん、、、ここが頑張りどころや!気つけやぁ~~!」

おとん「おん!」

マナ「さあ死になさい」

グワシャ~~ン

続く

チョリ~~~~~~~~スこんな感じですがサ~~セン☆

続き任せたぜコノヤロ~~☆

バイニ~~ン☆

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/09/28(日) 09:47:19|
  2. オリキャラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hiroの不憫は自己進化、自己増殖、自己回復、そして最後に自己破滅するwww

チョリ~~ス☆

今日は~~重大発表~~!

hiroまたまたやっちまったな~~です、、、

リアコナ&難民&レナSSの入った携帯を、、、、

ごくり、、、

ドブポニョ、、、

うわ~~~~~~~~~~~~!

リアコナもこっそり一気にうpして、、、

その後に難民その③をうpして、、、

でもレナSSをその前にうpする予定だったのに、、、、

もうhiroはどこまで不憫が続くのやら、、、

もうマジお祓いしないと、、、、

はぁ~~hiroの絶望を誰か受け止めて、、、

へるぷみ~~☆


後東方のマリサです☆
0あr5さ0a


じゃあバイニ~~ン、、、

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/09/25(木) 17:53:38|
  2. オリキャラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

トロイ様から頂いたSSをUpして尚且つ手を加えてみた(><)

ひろろ&マナ&魅ぃ物語合作~~WWW

とりあえず魅ぃさん話~
 
 マナさん物語(おかん編)
 「う~ん…このままでは、ひろろに悪い虫が付いてしまう!どげんかせにゃ!!」
 キッチンのテーブルで情報誌を捲りながら、独り言を言っているおかん。パラパラとページを捲ってい た手が、ある広告で止まる…
 ガタンッ!!!
 「こっ…これは!」
 イスをひっくり返しながら立ち上がると、本を片手に〝工場〟へと向かうおかん。
 「ウフフフ…これさえあれば…あははは」


 ギュイィィン!
 ズバババババ!!!
 ガコン!ガコン!!ガコン!!!

 「で…出来た!これで悪い虫を一掃や!!!」
 完成したパワードスーツを目の前に満足していた。ヒトの背丈より一回り大きく、真っ赤なボディ…特 長的な〝ハニワ顔〟のフェイス…まさに『ア〇アンマン』である。
 「こんにちは~♪」
 何故か、工場にマナさん登場。トレードマークの〝鉈〟が、今日も輝きはなっている…
 「ひろろ…いますか?」
 「あれ?逝ってないの?待っていて、見て来るから…」
 まだ寝ているのだろうと思い、ひろろの部屋へ向かうおかん。しかし…この時、既にひろろは〝逃  亡〟を謀っていたのである。
 「寝坊ですか、いけませんね。まあ…〝鋒打ち〟で許してあげましょう…クスクス」
 

 チャンチャン

 二作目

 「マナさん!大変やわ~~~!!!」
 ルーズリーフを片手に慌てふためいている〝ひろろのおかん〟!
 「どうしました?お母さん」
 「あの子…こんなモノを置いて…居なくなってもうたんや~~~!!!」
 マナが〝おかん〟から受け取ったルーズリーフには、だだ一言…
 『探さないで下さい』
 の文字が…
 グシャッ!!
 「………ふふふふ…」
 受け取ったルーズリーフを握りつぶして、不気味に笑い出すマナ…
 「途中で投げ出すなんて…〝ヒトとして不出来〟でしょう…お仕置ですね…」
 〝L5〟も真っ青なマナの豹変振りに…『あの』おかんでさえも背筋が振るえて来る。
 「お母さん…今直ぐひろろを〝確保〟して来て下さい。今なら、命の補償〝は〟しますから…」
 「イエス!マム!!」
 直立不動で敬礼をして…『埴輪顔の真っ赤なパワードスーツ』を着込む〝おかん〟
 「タキシングOK!」
 「GO!!」

 バヒュ~~ん!!!

 ソニック・ウェーブを周囲に撒き散らしながら、ひろろ捜索に発進した。
 「クスクス…帰って来たら、どう調理しようかしら…楽しみね、ひ・ろ・ろ♪」
 シャコッ…シャコッ…シャコッ… おかんが旅立った後には…不気味な笑いを浮かべながら〝鉈〟を研いで いるマナがいましたとさ♪


 三作目

 マナさん物語(外伝)
 ひろろは眠っている…眠っている…これ以上無い程眠っている…それも、園崎家の魅音の布団の上 で!!
 「なあ、魅音…お前、また人形増やした?」
 「知らないよぉ…朝起きたら、布団の上にいたんだよぉ」
 困惑する魅音と圭一を尻目に…気持ち良さそうに眠っているひろろ。口からはヨダレが垂れていたり 何かして…
 「コレ…どうしようか?」
 「取り敢えず起こすしか無い様だな…おい…」
 圭一がひろろの身体を揺すろうとした…その時、
 「ひろろ~~~!!!!」
 グワシゃぁぁぁン!!!
 襖や障子を突破って、魅音の部屋に突入する〝埴輪顔の真っ赤なパワードスーツ〟!!
 「ん…あ、おかん♪どったの?こんな所まで」
 「〝どした〟も〝こした〟も無い!!アンタが逃亡したから、マナさん…カンカンやで!!」
 「……え゙(汗)」
 「今頃…鉈と包丁を研いどるんじゃないかいな?」
 「おかん~~(泣)」
 「おかんが一緒に謝ったるから…今から必死に書こうな、な」
 目の前で〝アイ〇ンマンと少女の漫才〟を見せられて、ツッコミが入れられない圭一と魅音。
 「「ど~も、お騒がせしました」」
 そんな2人を尻目に、堂々と園崎家を後にする〝ひろろ〟と〝おかん〟…
 「ねえ…圭ちゃん…」
 「……なんだ?」
 「壊された障子と襖…誰が直すの?」

 …数日後、H県某市
 「何じゃ!こりゃぁぁぁぁ!!!」
 某トロイ宛てに…園崎家から『壊れた襖と障子の請求書』が送られて来たとさ♪

 ここからhiroですWWW

ひろろ「どどどしよ~~!はよ~~行かな~~!」

タッタッタ

そう言いながら全力でマナの元へ走るひろろ

ひろろ「はあはあはあ、これはキツイぞ?体力が、、、ゼハゼハ、、、もう、、、ないなった、、、わ!」

バタンキュ~~

ひろろはあまりのハードロードに力尽きたWWW

ひろろ「ぐぬぬぬ、このまま寝てても死ぬ~~!でもマナの所へ行っても死ぬ(可愛がられる)私はどうしたら~~~ん~~~!」

っとその時です!ひろろに救いの声が!

キキ~~!ブロロロロロ~~

おとん「おんや~~どったんひろろ?こんな所で寝てるとパンツ見られるでWWWはっ、てかパンツ見た奴居たらおとんはそいつを殺してしまうかも知れんわWWWまあ冗談はさておき大丈夫か?」

ひろろ「お、おとん、、、た、助かった~~!(泣)おとん今すぐマナの所へ送って~~へるぷみ~~!」

おとん「まあえぇけど急ぎ?」

ひろろ「おん!全力少女で(><)」

おとん「じゃあ少し揺れるで~~WWW」

ガチャ

ひろろ「よっこいしょ、じゃあ出発~~~~!」

おとん「ヒュ~~イ~~~ゴ~~~WWW」

続くWWW

ふうぅ~~この続きは任せたぜ~~☆

じゃあバイニ~~ン☆

水着ひろろ




 


 

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/09/21(日) 23:50:42|
  2. オリキャラ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。